航空・船舶の資格試験情報

「航空・船舶」 関連の資格・検定

  • 航空整備士
    航空整備士とは、航空機の整備や点検、修理をする仕事で航空機事故を未然に防止する大切な仕事なんだ。 技能証明を受けようとす...
  • 航空工場整備士
    航空工場整備士とは、航空機の整備ほか機体の改造等の安全性の確認をする仕事なんだ。 18歳以上の者に受験資格があるが、技能...
  • 航空運航整備士
    航空運航整備士とは、航空運航にかかわる点検、整備を行う仕事で、航空機の安全を確保する意味で大切な仕事なんだ。 18歳以上...
  • 運航管理者
    運航管理者とは、航空機が安全に定期的に運航するために管理者の立場から、航空機の乗組員に的確な飛行情報を提供したり、いろい...
  • 海事補佐人
    海事補佐人とは、海難審判における弁護士で、高等海難審判庁に登録された者を言うんだよ。聞きなれない言葉かもね。 登録資格に...
  • 海事代理士
    海事代理士とは、事業者や個人の変わりに国土交通省等の各行政機関に対して、申請や届出、登記などの手続きを代行する仕事で船舶...
  • 小型船舶操縦士
    小型船舶操縦士とは、20トン未満の小型船舶に船長として乗船できる資格なんだ。 免許の種類は大きさによって1〜2級と分かれ...
  • 救命艇手
    救命艇手とは、非常時に食料、航海用具などの品物を救命艇に運んだり、その後運航の指導、救命設備の操作などをする仕事なんだ。...
  • 自家用操縦士(飛行機)
    自家用操縦士(飛行機)とは、レジャーなど楽しみながら自分で飛行機を操縦する資格だよ。そのため、経済的にゆとりがある人だけ...
  • 自家用操縦士(飛行船)
    自家用操縦士(飛行船)とは、大空を浮遊する飛行船を自分で操縦する資格で贅沢な趣味と言えるよ。日本での有資格者はまだ少ない...
  • 自家用操縦士(滑空機)
    自家用操縦士(滑空機)とは、グライダーを操縦する資格で、最近は、スポーツ、あるいはレジャーとして人気が出ているんだよ。 ...
  • 自家用操縦士(回転翼航空機)
    自家用操縦士(回転翼航空機)とは、レジャーとして、プライベートな用途でヘリコプターを操縦したい人のための資格で、経済的に...
  • 事業用操縦士(滑空機)
    事業用操縦士(滑空機)とは、滑空機とはグライダーのことで、動力滑空機と上級滑空機に分かれているんだ。 受験資格は18歳以...
  • 事業用操縦士(飛行船)
    事業用操縦士(飛行船)とは、晴れた日に、大空にゆらゆらと浮かぶ事業用の飛行船の操縦資格を言うんだ。ほら、海外に行くと、よ...
  • 事業用操縦士(飛行機)
    事業用操縦士(飛行機)とは、事業用の航空機を操縦できる資格なんだ。 18歳以上の者に受験資格があって、航空大学校などで専...
  • 定期運送用操縦士(飛行船)
    定期運送用操縦士(飛行船)とは、飛行船の構造上、操縦のために2人を要する飛行船を操縦するための資格なんだ。 受験資格は2...
  • 定期運送用操縦士(回転翼航空機)
    定期運送用操縦士(回転翼航空機)とは、大型ヘリコプターを操縦するための資格だよ。 21歳以上の者に受験資格があるが、回転...
  • 定期運送用操縦士(飛行機)
    定期運送用操縦士(飛行機)とは、国内線、国際線の定期便の航空機を操縦できるパイロットのことを言うんだ。高度の技術と専門的...
  • 船舶に乗り込む衛生管理者
    船舶に乗り込む衛生管理者とは、船内の衛星管理をやっているんだ。船員の健康管理と保険指導もやっているんてだよ。食料、薬、衛...
  • 海技士(電子通信)
    海技士(電子通信)とは、GMDSSという通信設備を搭載した船は、救難信号がモールス信号と違うため、電子通信の資格が必要な...
  • 海技士(通信)
    海技士(通信)とは、主に船の無線通信を行う仕事なんだ。免許は1〜3に分かれているが、大海原を航行する船舶にとって無線通信...
  • 海技士(航海)
    海技士(航海)とは、船が航行する際の安全を守る仕事をいう。最近では、大型船にコンピューターが搭載され、専門的な知識が要求...
  • 水先人
    水先人とは、大型船が港に出入りするときに、進路を案内する仕事で船の危険を少なくするための大事な仕事なんだ。 受験資格に制...
  • 潜水士
    潜水士とは、潜水器を使って水中で仕事をすること。潜水土木事業や水産物の採取などをしている特殊な仕事といえるんだ。 受験資...

スポンサード リンク

サイト内 検索

注目の資格・検定!

中国語検定
中国のめざましい発展を受け、年間受験者が5万人を超す人気語学検定。

TOEIC(トイック)
今や、TOEICで高得点を取らないと出世できない企業もあるほどの英語でのコミュニケーション能力を評価する世界共通のテスト。

電気主任技術者
エリート電気技師への登竜門!あらゆる分野の事業活動に必要不可欠なエネルギーである「電気」を保安監督を行う国家資格。

介護福祉士
自力で日常生活を営むことが困難な高齢者や障害者をサポートする唯一の国家資格。

ホームヘルパー(訪問介護員)
不況に強く、今後の日本では絶対的に必要とされる職業。

公認会計士
会計系資格の最高峰に位置する国家資格。会計と財務のエキスパートの証にもなる。

行政書士
遺言書や会社設立、内容証明、契約書など一般の人では作るのが難しい書類を作成し、手続きする国家資格。

税理士
今や会計帳簿の記帳代行や税務申告代行だけでなく、経営コンサルティングや国際税務など、仕事の幅が大きく広がっている税理士。

FP(ファイナンシャル・プランナー)
顧客のライフプランに合わせた効果的な資産運用プランの提案・立案がFPの大きな仕事。

中小企業診断士
最近は若いビジネスパーソンや大学生にも注目されている経営コンサルタントの国家資格。

社会保険労務士
労働・社会保険業務のスムーズな運営と、企業の発展・労働者の福祉向上を主目的とした資格。

通関士
輸出や輸入といった国際ビジネスの場においてなくてはならない重要なお仕事。

カラーコーディネーター検定試験
カラーはあらゆる分野に関わるので、色の知識をいかせる仕事は多岐に渡ります。

フラワーデザイナー
お花についてだけでなく、色についての知識も問われるお仕事。

DTPエキスパート
デザイン・編集・広告・出版・印刷の業界で必須のDTPエキスパート。

チャイルドマインダー
共働きが増加し、国全体で待機児童を撲滅しようという流れの中で生まれたお仕事。保育や育児経験をキャリアに繋げ、一生続けられるお仕事として注目。

インテリアコーディネーター
住まいに関連した商品の選択から、プランニング提案、契約、施工管理、アフター管理までするお仕事。


このページのトップへ